So-net無料ブログ作成

54.「世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく」を読んで [読書感想文]

 (年間100冊の進捗 100冊/365日×198日目(7月16日)ー54冊目=▲0.246冊)

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

  • 作者: 渡辺 健介
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/06/29
  • メディア: 単行本






成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (光文社ペーパーバックスBusiness)

成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (光文社ペーパーバックスBusiness)

  • 作者: 水野俊哉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






この本も、水野さんの「案内」からの1冊。久しぶりです。もうすぐ新刊が出るそうです。楽しみです。
「やりすぎ!?」↓

このところ、色々な「考え方」の本を読んで学んできたけれど、もっとシンプルに自分に出来るものをと思い読んで見ました。

が、簡単なほど奥が深い・・

世界一簡単な問題解決方法とは?

 

・自分で考え、行動する

・これは持って生まれた才能ではなく、「癖」なのです。自分の力で考え、行動するという経験を積み上げていくと、「考え抜く癖」「前向きな姿勢の癖」がついてきます。(p10)

☆「癖」「習慣」「行動」すべては自らの意志で「無意識のうちに」「続ける」ようになるまで「意識的に」「続ける」事。

 自分たちの周りにも「どうせどうせ子」ちゃん、「評論家」君、「気合いでゴー」君は当てはまるし、自分も時にはそういう面があります。

 

・そもそも問題解決って?

 問題解決とは、ひらたくいえば、「現状を正確に理解し」「問題の原因を見極め」「効果的な打ち手まで考え抜き」「実行する」ことです。(p19)

 

そのための具体的な手法として

・分解の木:原因を探したり、アイディアを広げたりするのに便利

 問題解決をするときには、「分解の木」が役立ちます。これは、どのような原因があるかをモレなく探し出すときや、どのような打ち手があるかアイディアを幅広く、具体的に洗い出すときに重宝します。(p26)

☆とにかく頭だけで考えるのではなく書く(MECE:モレなくダブりなく)

 

・お医者さんのように診断し、治し方を考える

 1.原因を見極める

  1A 原因としてありえるものを洗い出す

  1B 原因の仮説を立てる

  1C どんな分析をするか考え、情報を集める

  1D 分析する

 2.打ち手を考える

  2A 打ち手のアイディアを幅広く洗い出す

  2B 最適な打ち手を選択する

  2C 実行プランを作成する           (p34)

 

そのための道具として

・はい、いいえの木:原因を調べる、考える道筋を明確にする

 「はい、いいえ」の木は、原因を調べる時、もしくは打ち手を考える道筋を、いくつかの「はい、いいえ」で答えられるような質問によって明確にできる時に使います。(p46)

・課題分析シート:何を調べるか必要があるかを明確に (p46)

 何をどうすればよいかが一目でわかる「課題分析シート」を最初に作っておくと便利です。「具体的な課題は何か」「現時点での仮説とその根拠は何か」「仮説を確かめるには、どんな情報を集めて分析する必要があるのか」を明確にすると、問題解決の確率はグンと上がります。 (p48)

 

・自分が「得意なこと」は、どうしても限られてきます。でも、自分よりうまくできる人、効率よくできる人は、必ずどこかにいるものです。そういう人たちに手伝ってもらえば、自分たちだけでやるよりもいいものができるので、効果が高くなります。慣れた人に手伝ってもらえば、実行が簡単かつスピーディーになります。(p65)

☆餅は餅屋 チームで仕事をすると効率もクオリティも良くなる

 

・ひとつの大きな夢を、いくつかの小さな目標に置き換える

 1.目標を設定する

 2.目標と現状のギャップを明確にする

 3.仮説を立てる

  3A 選択肢を幅広く洗い出す

  3B 選択肢を絞り込んで仮説を立てる

 4.仮説が正しいかチェックする

  4A 仮説に沿って情報を集める

  4B データを分析し、チェックする   (p74)

☆今までは、何故うまく行かないのか?どうしたら新しいアイディアがでるか?などでしたが、自らの夢を実現する方法論です。

 

そのための道具として

・仮説の木:話の道筋を整理する

 情報種集を始める前に、「仮説の木」を使って、あらかじめ仮の結論とその根拠を明確にしておきましょう。(p87)

☆「地頭力」の「結論から」考えると同じですね。

 

・意志決定ツール:何かを決めるときに役に立つ

 ツール1 「よい点、悪い点」リスト

  ステップ1:選択肢を洗い出す

  ステップ2:各選択肢について、よい点と悪い点を書き出す

  ステップ3:書き出した各項目について評価する

        各項目についてよい点は「+」で、悪い点は「−」で、それぞれ3段階で評価します。

  ステップ4:最も魅力的な選択肢を選ぶ

 

 ツール2 「評価軸×評価」リスト

  ステップ1:選択肢を洗い出す

  ステップ2:各選択肢について、評価軸を書き出す

  ステップ3:各評価軸の重要度を決める

        評価軸そのものの重要度を決めます。(中略)それぞれ「高」「中」「低」の3段階で評価し、重要度の高いものから低いものの順に並べ替えてみましょう。

  ステップ4:各選択肢を評価する

  ステップ4:最も魅力的な選択肢を選ぶ         (p105−111)

 

☆自分なりの答え:どの考え方も、やはり「書き出す」のが基本。頭の中だけでは堂々巡り心配ばかりが先立ちます。まずはお医者様のように問い、書き出し、整理し、「解決策(打ち手)」をあみだし、最後は「行動する」。そして「反省」。シンプルなものほど奥が深いです。でも簡単な表現で難しいことを、やさしく伝えることほど難しい事はないですね。この表現の仕方が一番勉強になりました。

ありがとうございます!


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 1

Viagra cialis levitra

沒有醫生的處方
buy cialis cheap 10 mg http://cialisyoues.com/ Cialis from canada
by Viagra cialis levitra (2018-04-14 03:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TweetsWind