So-net無料ブログ作成
検索選択

286-14.子供の時に読んだ本を憶えてますか?〜「コロボックル絵物語」 [読書感想文]

a0001_013635.jpg
 
コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)

コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/04/16
  • メディア: 単行本
 
 
 
 
 
(年間50冊の進捗 50冊/365日×131日目(5月11日)ー14冊目=▲3.945冊)#mhks(本)
 

☆先日、思わず書店で「衝動買い」してしまった本。

 ん十年前、小学生だった頃に読んだあの「コロボックルシリーズ」が、復活!挿絵は、当時のままの村上勉さん。そして、文章は、有川浩さん!  なつかしさで一気読みでした!


コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ―コロボックル物語)

コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ―コロボックル物語)

  • 作者: 佐藤 さとる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1985/02/27
  • メディア: 単行本


いつも応援ありがございます!ポチッと↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン


 
・みなさんはコロボックルを知っていますか?
 北海道のアイヌに伝わる小人の一族です。(p3)
 
☆初めて読んだ時は、小学生ながら「そんなんおるわけないやん!」と思っておりましたが、物語の主人公も同じ気持ちでストーリーが展開するので、自分もいつの間にか、本の世界に入り込み気がつけば、次々と続巻を買っては読んでおりました。
 
 それがなんと、この2014年に復活!しかも文章は、現代のヒットメーカー「有川浩」さん。
 
阪急電車 (幻冬舎文庫)

阪急電車 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/08/05
  • メディア: 文庫
三匹のおっさん (文春文庫)

三匹のおっさん (文春文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: 文庫
県庁おもてなし課 (角川文庫)

県庁おもてなし課 (角川文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/04/05
  • メディア: 文庫
映像化もされ、おなじみですね!
 
そんな、有川さんが描く物語は、初めてこのシリーズを読む人にも、理解しやすいように・・・
 
コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (講談社文庫)

コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (講談社文庫)

  • 作者: 佐藤 さとる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/11/12
  • メディア: 文庫
 
物語の中で、佐藤さとるさん作の、シリーズ第1作が簡単に 紹介されております。
当時の挿絵も使われており、初めて読んだ時の興奮が蘇ります。
 

☆今回の主人公は女の子ですが、子供の好奇心とやることはいつの時代も変わりません。 
この心をいつの間にかなくしてしまったのが、大人なんですね・・・・ 

 

・「コロボックルは、本当にいるのですか?」(p83)

☆子供に尋ねられたら、あなたはどう答えますか?


a0001_013540.jpg

☆今、コロボックルが現れたなら、こんな感じでなのではないでしょうかW

 

いつも応援ありがございます!ポチッと↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン

コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)

コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/04/16
  • メディア: 単行本

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 1

読書ログ

はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
by 読書ログ (2014-05-20 15:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TweetsWind