So-net無料ブログ作成
検索選択

290-18.【読書感想文】プログラマーの視点は、やはり違う!〜「教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)」#感想部 [読書感想文]

OOK58_nantekotodabouraku500.jpg
 
(年間50冊の進捗 50冊/365日×166日目(6月15日)ー18冊目=-4.73冊)#mhks(本) 


教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)

教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)


プログラミングとは、一言でいえば「自分以外のものを、思い通りに動かす方法」のこと。適切にプログラミングしたものは、たとえば作者が消滅したとしても、作者の意図を反映し、プログラミングした通りに動くことになります。(p5)

・いうならば本書は「プログラマーの視点」を提供するガイドブックなのかもしれません。(p6)

☆「プログラミング」らしきことをしたのは、もう何十年前。親父が買った「NEC PC8001」で、「円」や「線」を描いたことが思い出されます。もちろん、当時は「マウス」なんてありませんでしたから・・・。


今では、しょっちゅう見かける「プログラミング」の画面は、もっと複雑で、カラフルで、何がなにやら・・・。


ますは「教養レベル」から学びたいと思い本書を手に取りました。


いつも応援ありがございます!ポチッと↓


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン


 

・「プログラムとは何か」という質問に、「手順を正確に記した文章」だと答え、プログラミングは「それを書き記すこと」だと定義しました。(p24)

☆なるほど、確かに演奏会などの「プログラム」なども「進行する手順」を「正確に」記した「文章」ですね!


・「自らが判断を下すのでのはなく、指示に従って動く」という性質がコンピュータに備わっている以上、期待している事象があるのならそれも伝え漏らさず、プログラムに加えなければならないからです。

 そして、プログラミングした対象が期待通りの動きをしなければ、それは全て命令を下したプログラマーの責任。あなたがもしプロのプログラマーだったなら、誰かにお使いを頼み、意図したものと違ったものを買ってこられても、そこは黙って「指示を漏らした自分にこそ責任がある」と、自戒しなければなりませんよ。(p56)

☆「プログラミング」を、「子供」や「おとうさん」の「お使い」に例えて説明してくれるのですが、非常にわかりやすい!確かに「あいまい」な指示で困った経験は、誰にでもあります。

だから、メモに書いて、渡して買い物に行ってもらう。「メモ」、これも「プログラム」なんですね。

この、メモした文章を、命令形化、改行、インデント、色づけしていき「プログラムコード」化したものが、あのよく見かける画面になっていく過程がすごい!

slproImage/slooProImg_20140612170814.jpg

プログラムの構造がよく分かるようになりました。

 


・私の会社では、私がいなくても、私が決めた通りに仕事が進み、社員が働き、利益を生み出しています。つまり、私がプログラミングした組織は、私がいなくてもきちんとまわっているのです。


 かつてこういう技能は「経営能力」だとか「仕組みを作る力」だとか、色々な名前をつけて呼ばれていました。しかし、私にとって明確にこれはプログラミング能力、つまり、自分のいなところで、「自分以外のものを自分の思い通りに動かす方法」として身についているものなのです。(p186)


PAK86_codeing20140517500.jpg


☆読み終えて:人は「間違うもの」という前提に立って、仕事を依頼していく。望む結果を得るために「漏らさず」指示を出す。

ただ、コンピュータと人間の違いは、人間は「失敗」から学べることではないでしょうか?

コンピュータは失敗しても、プログラマーの責任。

人間は、失敗したら、「指示した人」と「実行した人」の両方の責任。互いが「失敗」から、学ぶことができる。

その「失敗」の学びから、同じ場面では自己判断で、失敗を回避することも出来るようになる。


 

 人間という「器」は個体差による能力の「差」が大きい。それを考慮し「変数」を調整して指示を出していくのが、自分以外のものを思い通りに動かす「プログラム」だと捉えれば、経営者はほんとすごいプログラマーですね!

 


☆この本の各章の間にある「コラム」には、IBMの誕生話、コンピュータの原型や、コンピュータの未来など様々な「小ネタ」が詰まっています。


他にも、人間社会で行われている、「プログラム」的な行動など、読み手に新しい「視点」を与えてくれます。

まあ、実際には先に「人間の行動様式」がありきなんですが、それを機械が再現できるよう「プログラミング」したのは、確かに「人間の叡智」かもしれません。

 


実行すること:仕事の指示は「プログラミング」だと心得る。 


 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも応援ありがございます!ポチッと↓


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン

教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)

教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 清水 亮
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/03/07
  • メディア: 新書
教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)

教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/03/10
  • メディア: Kindle版
 

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TweetsWind