So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

71.「成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)」を読んで [読書感想文]

(年間100冊の進捗 100冊/365日×262日目(9月19日)ー71冊目=▲0.780冊)
成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)

成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)

  • 作者: 清涼院 流水
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)

成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)

  • 作者: 水野 俊哉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/01/24
  • メディア: ペーパーバック





・世界一カンタン、かつ、世界一実用的な成功法を体得できれば、いともたやすく、これまでのあなたの常識では信じられないほどの成功を、死ぬまで続けることが可能です。
・人間の成功に限界はありません、成功の限界を決めるのは決して他人ではなく、あくまで自分自身です(P9)
☆やっと手に入れることが出来ました。水野先生おすすめのこの本は、ずっと読みたかった一冊でした。この1年、成功本を読んでみましたが、確かに共通する部分はたくさんあります。エンタメ系の著者ならではの成功本。楽しくて一気に読んでしまいました。
・「あらゆる他人を無条件で肯定することーーです」(P33)
・重要なのは決して相手を否定しないこと。どうしてかと言いますと、人間にとって最大の幸福が、自分の存在を他人に認めてもらうことだからです。(P37)
・「キライな相手ーそこまでではないとしても、あまりスキになれない相手のコトバにも聞くべきところはあるーというのは、絶対成功法において非常に重要なことです。
・無自覚で他人を否定してしまうことが、だれにでもあります。そうした時、言ってしまった後でもいいので(ああ、否定してしまった・・・)と気づく回数を増やしていければ、そのたびに、あなたは成功へ近づきます。(P46)
☆キライな人でも、言い方でもその人やコトバではなく「内容」に目を向けることですね。決して相手を否定せず。また、「否定」を自覚することが、自分を反省させ考え方が少しづつ変わっていくことになる。

・絶対成功法は継続することに意味があります。漢方薬を飲み続けて徐々に体質が改善されるようにー継続することで、あなたは着実に成功者の体質となります。(P55)
・現在の成功を認めたところから次の成功が始まるのです。今日の成功法を一言で言うとーー「成功を定義すること」ーーとなります。現在自分は既に成功していると理解できたら、次にすることは、次なる成功を定義することです。成功の目標を決めない限り、永遠に成功できないーー。(P50ー51)
・さらにつけ加えるとすれば・・・ひとつだけではなく、いつも複数の成功を目ざすことも大切です。
・複数の成功を目ざすに際し、優先順位のつけ方で悩んでしまう方もおられるでしょう。そういう方には(トーナメント思考法)と呼ばれるテクニックをオススメしますこれは成功学で高く評価されている方法で、あらゆる局面で判断を下す際に、トーナメント表を使う、というものです。(P67ー68)
・人間は複数の選択肢を与えられると答えを出すのに悩みますが、二者択一なら、答えを出しやすくなります。トーナメント思考法とは、二者択一を徹底するための効率的な手段で、ほかのさまざまな局面でも応用できます。(P68ー69)
・あなたが定義した成功の目標を紙に書いておくことをオススメします。(中略)
 自分が既に何度も成功し続けていることを自覚できません。それを避けるには、目標を記録しておくことです。(P74)
☆成功を定義する事ーつまり「目標」を立てること、人生の大きな目標、日々の小さな目標、少しづつ「成功」を重ねることで自信がついてくる。紙に書くということは「成功」を後で確認でき実感する事ができるという「効用」もあるんですね。確か「レコーディングダイエット」もそうでした。
・第3講の絶対成功法ーープラスとマイナスの波を読むこと。(P127)
・第4講の絶対成功法ーープラスをシコウすること(P136
「絶対プラス思考では、マイナスの波を小さなプラスの波と言い換えられます。これは詭弁ではなく事実で、マイナスは小さなプラスーープラスの種子なのです。よく言われるように「失敗は成功の母」という意味あいもあります・・」(P140)
・「マイナスが重なった時には未来を想い、喜ぶーーそしてプラスを極めた時にこそ、身を引き締めるーー。これは先ほどの「プラスの時には攻めに攻め、マイナスの時には慎重になる」という絶対成功法と矛盾するようですが方向性は同じです。マイナスの時には大勝負を避けつつ「このマイナスが、未来には、すべてプラスに変わるんだ」とワクワク夢想しながら不遇を楽しみ、プラスの時は負けを恐れる必要がないのでどんどん勝負し、できるだけ連戦連勝を続けつつ、周囲への感謝は忘れない。いずれマイナスの波が襲ってくるのは確実なので、その時に転落しすぎないように、調子に乗りすぎずに、今はひたすら波に乗るーーということです」(P142)
☆どんな時でも、プラスに物事を捉える。それだけではなく、ツキの波を捉えそれに備えておき、波を知った上で、マイナスをプラスとし楽しむ余裕を持つ。なかなか難しい事です。

・「教えられた知識や技術を自分なりに吸収して身につけ、実践する」と、なります。いつものように簡潔に言い切ってしまうなら・・・・「言われたことを、すぐに、ちゃんとやる」となるでしょう。
・第5講の絶対成功法はーー言われたことを、すぐに、ちゃんとやる。(P206)
・第6講の絶対成功法はーースーパーマンに変身すること。(P208)
・つまり「人を超える人=スーパーマン」は「自分を超える自分」というわけです
・他人との争いは際限がなく不毛ですが、自分の可能性への挑戦は一生継続していいのです。スーパーマンに変身することーーは、わかりやすく言い換えれば自分の可能性限界を超えることです(P211)
プラスアルファ成功法ーーとは、あなたが他人に何かを要求された時、つねに、プラスアルファで返すように心がける手法のことです。(P219)
・ピンチに直面した時は、「もしも自分が本当にスーパーマンだったら」と本気で仮定して、対策を練る。スーパーマンなら、たいていのことはできる。しかも、「できない」という選択肢を排除すると決めれば、さらに可能性拡大。スーパーマンになる想像力がなければ、尊敬する人をだれか思い浮かべ、ピンチの時は、その人になりきり「あの人なら、こうするな」と考えるのは、かなり有効です。
☆「昨日の自分」に打ち勝ち、「今日の自分」を越えていく。それがスーパーマン。常にあきらめず可能性を探り続けることで、自分を越えていくことなんでしょうか。

・第7講の絶対成功法ーータイム・イズ・マネー。(P244)
・何時間働こうーーと、作業時間を目的にするのは、非生産的です。
 働く時間ではなく、今、果たすべき目標を決め、それを果たすまでやめないーーとすれば、だらだら時間を使うことはなくなり、さっさと済ませるべく、効率は飛躍的にアップします。(P251)
・作業の効率アップでは、とにかく今すぐやるーーやり始める、というのが、もっとも効率をアップさせる成功法として知られています。(254)
・過去の回想も未来の夢想も、それを想い浮かべる現在の瞬間にだけ存在しています。すべてが〈今〉の中にあるというこの真理を示す〈中今〉というコトバがあります。(中略)地獄のような過去も、トレーニングで考え方を変えればプラスにできます。言い換えれば〈今〉を変えるということです。〈今〉をプラスに変えれば、おのずと未来はプラスになります。すべては〈中今〉だからです。(P263)
☆「何時までにこれをやる」と決めること。「デッドエンド」を決めて仕事にかかること。最初は質が伴わないが、集中力を高めれば出来るのでしょうか。
 今すぐやるというのは、確かに有効です。後にすればするほど億劫になるし忘れがちですから。
 〈今〉をプラスに考えることは、過去の自分に囚われない考え方。これもポジティブシンキング。

・第8講の絶対成功法ーー魔法のコトバでQ&A。(P288)
・「こういうゲームだと思おう」というものです。あるいは「こういう試練だと思おう」でも構いません。(P289)
・次に、あなたが今、タイヘンだと感じている目の前の問題について「本当に?」ーー「本当に、これはタイヘンな問題なのか?」と、問いかけることです。
・問題を解決するためには、堂々巡りする自分の思考を、ひとつ上のステージへと押し上げてやらなくてはなりません。そのために有効なのが「本当に?」という質問なのです。(P290−291)
☆「本当に?」自分の命が危険に晒されるという絶体絶命の時を覚悟すると、大抵のことは「本当にタイヘン?」と思えてしまいます。そこまで日々自らを追い込めるかどうか・・・。

・第9講の絶対成功法ーーシンとシンを管理する選択
・ココロ(心)とカラダ(身体)の両方を意味するコトバーー〈シンシン=心身〉です。つまり〈シンカンセンでの成功チェック〉とは、省略せずに言うなら〈シンとシンを管理する選択での成功チェック〉ということになるわけです。(P326)
・やらないといけないことが多すぎると感じた時は、多すぎることはないーーという事実を思い出してください
・どんなに多忙でも、人は結局、その人の能力に見あった仕事量しか抱えることはできないのかもしれない。どんなに「超多忙」と言っても、あくまで、その人の能力の範囲内でもことだから、やらないといけないことが多すぎることはないーーわけか?(p338-339)
・あなたが持っているあるものを、あと数十年も使わないといけないとしたら、定期的にメンテナンスして、大切に、大切に使うでしょう。あなたのカラダは、まさしくそうした持ち物なのです。そしてーー決して軽視してはいけないのですが、ココロもまた、そうしたメンテナンスの必要な消耗品である、ということです。(P349)
☆心身ともに健康であること。病気をして初めて健康の大切さがわかります。若い時には無茶できたのが、年を取ると出来なくなりますが、頭はそのままでついつい無理してしまう。
 身体のメンテと心のメンテーー愛する人がいることは本当に大事ですね。

・第10講の絶対成功法ーーハイエンド・リターン成功法(P372)
・いわばオレオレ主義である自己中心的な考えを利己的とすれば、リタ(利他)はその逆で、他人を利するココロです。自分よりも他人を想い、大切にするココローーそれがハイエンドのリターンをあなたにもたらす、絶対成功法の究極奥義ーーリタ成功法なのです。(P375)
・リタの基本中の基本として、絶対にやってはいけないことが、ふたつあります。それは油断と自慢です。油断できる状況が自慢に通じていることは多く、また、自慢は根本的に油断でもあります。(P375)
・だれでも、自分の中に無自覚の弱さを抱えています。その弱さ克服した人は、他人の中に同じ弱さを見つけても、同情こそすれ、ハラは立ちません。ハラが立つ時こそ、他人という鏡を、よーく御覧になることです。他人にハラが立つのは、あなたの中にある同じ弱さに、ハラが立っています。(P379)
・他人の短所は見逃して、いいところに注目してホメるのがリタの次の段階です。(P384)
・大切なのは、いっさいの見返りを求めないこと。誤解している人が多いのですが、自分はこんなにも尽くしているのに、相手は、なにも返してくれないーーというのは断じて愛情ではありません。真の愛は、見返りを求めずに自己完結するものです。見返りを求めるのは愛ではなく、計算、です。(P385)

☆自分なりの答え:「利他」も良く言われることですね。普通、自分の子どもには無償の愛を注ぐーーその気持ちでしょうか。自分が出来る範囲で「利他」を行う。やり過ぎないことがポイント
 いつか自分の押しつけになってしまいがちですから。
 いままで読んだ成功本に書かれていたことが、この本1冊に凝縮されています。ストーリーが気になりどんどん読めてしまう。「夢をかなえるゾウ」以来でした。この本は自己啓発の最初の入門編でも、読みまくったあとの復習にも使えます。
 ・ーー今、ぼくが願っていることは、この本の読者であるあなたの成功です。この本を読めばーー何度も読み返せば、あなたは必ず成功できます。この本のノウハウをちゃんと実践できれば、あなたは「4000万円トク」どころではない、真の大成功を手にされるはずです。(P409 あとがきより)
☆何度も、何度も読んで、身につけ実践すること「成功本」を読んだだけでは「成功」はあり得ません。これも言い古されたコトバですが「真実」です。

成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)

成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)

  • 作者:清涼院 流水 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)

成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 14

コメント 1

Aleisha

あなたの記事に役立つ情報が好きです。
私はあなたのブログをブックマークしてもう一度ここでチェックします。
私は適度に確信しています。私はここにたくさんの新しいものを学びます!
次の運が良かった!
by Aleisha (2018-03-02 17:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TweetsWind