So-net無料ブログ作成

135.「『空気読み』企画術」を読んで [読書感想文]

(年間100冊の進捗 100冊/365日×129日目(5月9日)ー35冊目=▲0.342冊)#mhks(本)
「空気読み」企画術

「空気読み」企画術

  • 作者: 跡部 徹
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2010/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






・最近は、消費者の課題を解決するとか、社会の役に立つというスタート地点をすっ飛ばして商品を売るための販促の手法、単なる集客技術を企画と呼んでいる風潮が見受けられ、個人的に違和感を覚えていました。それに対する「抗議」の意味も込めて、この本では「空気読み」を用いて消費者の深層心理を読むことを核としました。(P222あとがきより)
☆昔、自分も仕事で「企画を作れ」と言われて、どうすればいいのかわからず、前年の企画の一部に手を入れただけで「新企画」と誤魔化していました。(恥ずかしい・・)
しかし、すぐに売上げは落ちる。やっぱり、お客様は厳しい。

今はもっと情報の流れが速く、そんな「ダメ企画」はすぐに見破られてしまう。

もっと根本的な「見えない」お客様の「ニーズ」を見つけ出すための「空気読み」とは、どんな企画術なんでしょうか?



こちらは「レビュープラス」さんより献本いただきました、ありがとうございます。


いつも応援ありがとうございます!ポチッと↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン


・「いい企画」と「面白い企画」を混同していたのです。

 今だから言えます。「いい企画」とは、課題を解決する企画です。(P20)
・ビジネスパーソンが企画で求められるのは「解決策」の提示です。だから、解決してほしい課題=問題をちゃんと把握しておく必要があります。(P21)
☆「面白い企画」はすぐに思い浮かびますが、「いい企画」はなかなかできません。
 なぜか?問題がわかってなかったからなんですね。

○まずは、空気読みの為のトレーニング
・私たちの日常も「外国人」から見れば、たくさんの「?」であふれているはずです。
・「外国人」、もっと大げさに言えば「宇宙人」の視点で身のまわりを眺めると、新しいアイデア種をつかむことができるのです。(P38)

・同時期に雑誌をドカンと5冊購入して、ネタのストックに加えようというものです。私はこれを「LRT(ラテラル・リーディング・トレーニング=雑誌乱読トレーニング)」と呼んでいます。(P61)
①同じターゲット層の雑誌だけを購入しない
 ②男性誌、女性誌、カルチャー誌、専門誌などの1つの分野に固まらないようにする
 ③同時期に出ている雑誌を一気買いすること(P62)

○「LRT」において、注目するポイントは
①表紙
 ②記事
 ③広告
 ④読者アンケートの項目
 ⑤次号予告、バックナンバー紹介、自社他媒体の紹介(P62ー63)
読者ターゲットの実像や、その人たちが欲している情報や悩み。さらには表現手段やターゲットをイメージするときに参考になる、それぞれの理想とする芸能人などを把握することができます。(P64)
☆さすが、元リクルートの雑誌編集長ならではの方法ですね。「雑誌」というある意味、プロの作品を参考にして、自分のネタにする。雑誌をこんなふうに捉えたこと無かったです。


○空気読みのフレームワーク
・今ヒットしているものがなぜ受け入れられているかを分析することで、時代の空気を読むことができるのです。(P80)
・まず、今現在ヒットしている事象を「葉」とします。この「葉」をどんどん並べてみてください。そして、そのヒットしているものから、共通でくくれるようなものを「幹」としてまとめてみましょう。そして、それぞれの「幹」の根底にある「根」を見つければいいのです。
・できるだけ、ターゲットとなる人たちにとっての「今」をたくさん並べることがポイントです。(P82)
☆ブレストはアイデアを「広げて」いくイメージ。こちらは収束していく、根っこを掘り進めていくイメージでしょうか。


○「空気読み」のための思考法
・何かにひかれたときには、「どんな感情を埋めてくれたのか」に着目してみましょう。(P102)
☆自分の感情を探り出すことで、他人の感情も想像できるようになる。

○企画のタイトルの付け方
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・敬遠されている「風呂ナシアパート」の入居率をリフォームせずに解決する企画案
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 というふうに、「ベタ」な表現で伝えましょう。ベタでいいのです。それは、タイトルの役割を次の2つのコミュニケーションに特化しているからです。
「あなたの課題はこれですよね?」
「その課題を解決する方法をお持ちしました」(P195)
☆ブログの記事のように、集客目的なら奇をてらったタイトルでもいいのでしょう。
しかし、プレゼンは無理に格好をつけたタイトルよりも、「ベタ」な方が素直に伝わりますね。

○メディアへの対応のコツ
・新製品のリリースのときには必ず、「空気読み」をした経緯をきちんと伝えるように気を配ってみてください。(P219)
☆確かに「こんな新製品が出しました」だけでは「ふーん」だけですが、こんな背景があるから「こんな商品(サービス)を考えました」の方が、興味を惹かれます。


☆まとめ:
「空気」という「見えないもの」を「見る」ために、煙や風に揺れる木々などから、空気の動きを知る。そんなふうに、目で見える現象から「人」の「空気」という深層心理を「見える化」するのが「空気読み」。


 しかし、「空気読み」のフレーム部分が、サラッと流されて「えっ、これだけ?」というのが正直な感想です。

 確かに、自分の頭の中での作業なので、実際にやってみないと理解できないのはわかるのですが・・・。
最初は、葉を最低〇〇枚設定するとか、無理にでもフォーマットを決めてもらう方が良いのかもしれません。
もう少し例題やトレーニング形式の部分があったほうが、初心者には親切かなと思いました。(ごめんなさい、注文が多くて)

多分、実際にセミナーなどで、何回か練習し、みんなで発表しあえばコツが掴めると思います。
(自分の中で「記事トレ!」の時の経験が強烈に焼き付いているから、そう思うんです。あ、板橋さんも元リクルートだ!)


 その他は、空気読みの結果を企画へ落とし込む方法や、企画を通すためのプレゼン術まで、盛りだくさんの内容で、すぐに仕事に活かせるネタがいっぱいでした。


「根っこ」を掴めるようになるために、ぜひ大阪でセミナーをお願いいたします!
(結構、大阪にはいらっしゃっているようですから)


著者のブログ↓
※ちなみに、跡部さんiPadもう使ってらっしゃいます!すごい!



実行すること:LRTで雑誌大人買い!と言いたいのですが・・・中吊り広告のコピーだけでも参考にしたいと思います。

「今日のナカツリ」↓(P125)
http://nakatree.jp/       

ありがとうございます。

このブログは、レビュープラスに参加しております。


いつも応援ありがとうございます!ポチッと↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン


「空気読み」企画術

「空気読み」企画術

  • 作者: 跡部 徹
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2010/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






ヒット商品番付へのリンク↓

本書の中で紹介されてました
婦国論-消費の国の女たち-

婦国論-消費の国の女たち-




nice!(57)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 57

コメント 4

COLE

なるほど 面白い発想ですね
ちょっと興味が沸きました
by COLE (2010-05-09 06:54) 

エコピーマン

深層心理までニーズを読み込む 情報戦略でしょうから
企業はTwitterなど使わない手はありませんね
感情 つぶやき ひらめき ・・・商品企画って大変ですね
私は ベーシックなものが基本的に好きです
いつの時代も いいものはいいというか それでも変化している
進化している 究極というか 研ぎ澄ますというか
まったく新しい革新的なものはすぐ受け入れますが(笑) 
by エコピーマン (2010-05-09 23:45) 

おっか

ビジネス書はなかなか実践する感覚がつかめないですよね。
さらっと読んでしまうと非常に薄っぺらく感じてしまいがち。本の限界ということなのでしょうか。
by おっか (2010-05-12 01:48) 

風竜胆

こんばんは
コメントありがとうございました。
この方法、KJ法の変形だと思いますが、なかなか面白い使い方ですね。
「空気を読む」というところには、やっぱり、少しなじめませんが(笑)

by 風竜胆 (2010-05-13 21:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TweetsWind