So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

15周年なんで、15の気になるポイントご紹介!〜「Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]」を読んで #rvpl [読書感想文]


Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]

Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/10/29
  • メディア: 雑誌
「15周年」おめでございます。

1995年10月29日創刊ということは、「Windows95」の日本語版が発売される直前ですね。

それから、いろんな事がありました。

今こうしてブログを「iPhone」と「Bluetoothキーボード」で書いている事を思うと、時代の流れを感じます。
(最後の清書だけはマックブックで)


今回は、MacPeopleの15周年記念にちなんで、気になったポイントを15箇所ご紹介!


いつも応援ありがございます!ポチッと↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン



1・「読者モニター大募集」(p10)
☆太っ腹企画!
最近、愛機の「MacBook White」の調子がイマイチ。ちょっとWebページをたくさん開けると、ファンがうるさいくらいに回る。 レインボーカーソルもしょっちゅう。

「iMac」に応募しようか、それとも「Mac mini」にしようか。迷う。


2・次期Mac OS X 10.7「 Lion」では、iOSとの融合でマウスポインターに頼らない新感覚の操作方法を提供。(p17)
☆最近、画面にタッチしようとしている自分に気づいた。まあ、タッチパネルの「Mac」の登場はなさそうだが、その操作性は取り入れてくれるのはありがたい。特にアプリのランチャーは使いやすそう。

3・Mac App Store 登場。世界中の様々なマック用ソフトを一覧できる画期的なサービスだ。(p18)
☆次は、パソコンソフトの流通革命。パッケージのソフトを店頭で買うのはもうなくなるのかも・・・。

でも、いっぽうで↓

4・(MacBook Airは)光学式ドライブの欠如を付属のUSBメモリーがカバー(p23)
☆これなら、かさばらないし、いざという時にバックアップからソフトを探さなくても済みますね。
まあ、ウィンドウズのネットブックには、USBソフトはありますが、今後は、DVD映画なんかもUSBで提供されるようになるかも?

5・iMovie’11 ハリウッド映画のような本格的予告編(p28)
☆「iMovie」大好きです!
  今度は簡単に「ムービートレーラー」ができるなんて!
まだ触った事のない人は一度ぜひ、作ってみてください。
Windowsのムービーメーカーよりもずっとおしゃれな作品ができますから!しかも簡単に!

「iMovie」で作った後輩の結婚式の2次会ビデオは、奥さんから「親戚に渡したいので、ぜひコピーして下さい」とまで言われちゃいました。うれしい!

6・MacPeople 15年の軌跡(p33)
☆今号の一番の「キモ」です。
最初の表紙、覚えてますよ。兄が最初に買ってきたのを読んでましたが、何時の間にが自分に買うようになってました。そして、自分に最初に買ったマシンが、

6310.jpgパフォーマ6310 HDは「1GB」
今の「iPhone」よりも少なっ!
そうそう、初めてみた「初代 iMac」も衝撃的でした!欲しかったな〜

7・2010年11月号から 無線綴じに変更(p37)
☆おまけのDVDのつく位置が、真ん中になり非常に読みにくいので、できたら前に戻していただけたらと・・。

8・Office2011の注目機能にあたる「リボン」インターフェイスって、本当に便利なものなの?(p38)
☆私にとっては・・・非常に使いにくい!
でも、Mac版は「ツールバー」がちゃんと残っているので、安心しました。これなら徐々に慣れていけます。

9・名刺管理に 「Gmail」に署名をもとに連絡先を全自動で管理にする ソフトLISTER」(p56)
☆これは新しいもの考え方ですね。早速使ってみよう。
名刺管理は楽なほうが、長く使えます。

10・オープンソースから生まれた本格レタッチソフトSeashore
☆早速使ってみたのですが、操作がイマイチわかりません。「Photoshop」とちょっと使い方が違う?

11・「私とツレとこだわりマック」(p99)
 ・PowerBook5300cs を起動して、サッドマック(懐かしい〜)が出そうなタイミングは音を聞いているとわかる。
「今だ    振ると直る」(p102)
☆え〜本当に?昔のハードディスクだから、センサーなんて、ついてないけど大丈夫なんだろうか?
でも4年間の青春のデータが、たった1MBに収まるとは・・・。なんだか虚しい・・。

12・わたしたちMac ガールズ(p133)
☆最近は「女性向けのiPhone雑誌」が多く出てますね。

 MacPeopleは前から結構女性が読みやすい紙面作りを心がけていたとの事ですが、ここまで「女性」が特集された事はなかったのでは?

13・仲良し姉妹のサイト作り奮戦記(p145)
☆こちらも女性を主人公にしているが、内容は男性初心者でもわかりやすい。それだけ、Macが世間に普及しているという事なんだろう。いい事です。

14・iPhone4の標準アプリ「カメラ」の「HDR」機能。
明暗の差が大きいシーンをキレイに写したい。(p155)
☆この「HDR」ってなんやろうとずっと思ってたんです。シャッター押してもしばらくしないと、再生できないし・・。
でもこんな便利な機能とは。WEBで見るだけでは、見逃す説明も、紙媒体ならじっくり説明が読めます。これが長所。

でも、逆に・・・・

15・表紙の歴代マックの写真で
「2000 PowerBookG4 Titanium」が「2000 PowerMacG4 Titanium」になってますよ〜。
☆せっかくの記念号の表紙なのに・・・。もしかして、間違いさがし?
もう一つ、P19の中程「FaceTime」の記事で、「通話が確率すると・・・」は「確立」ですね。
(ごめんなさい、あら探しで・・・。)

まあ、これも紙媒体ならではの「ご愛嬌」。

そういえば「お世話になります」の「ミチコさん」は今どうされているのでしょうかね〜




以上、気になる15のポイントでした。15年間、お疲れ様でした。
WebやTwitterの速報性には負けますが、紙媒体ならではの良さをこれからも期待しております。

こちらは、「レビュープラス」さんから御献本頂きました。(いつもありがとうございます)

ありがございました。

公式ページ↓

ツイッター↓


いつも応援ありがございます!ポチッと↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ blogram投票ボタン


Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]

Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/10/29
  • メディア: 雑誌

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TweetsWind